遠くの神社よりも近くの神社

あなたは日頃、どのような神社にお参りしますか?
ちょっと遠くても御利益のありそうな神社?
それとも、近くの神社?

やはり感覚としては、ウワサで耳に入るようなパワースポットと呼ばれる、ちょっと遠い神社に行かれることが多いのではないでしょうか?

でも、ちょっと待ってください。

実はあなたの近くの神社は、もしかしたら氏神様と呼ばれ、あなたの住む地域一帯を守ってくださっている神様かもしれません。

確かに、神様にはそれぞれ得意分野があります。
しかし氏神様は地域の鎭守であり、その土地に古くからいらっしゃる神様。

なので、今そこに住んでいるというだけでご縁が深く、ウワサのパワースポットと呼ばれる神様よりも距離が近く、あなたを日常の安全レベルで身近で守り続けてくださっている神様でもあります。

もちろん遠くの神様もわざわざ足を運んだあなたに対してサポートをしてくださいますが、足を運ばなくても守り続けてくださっている神様にも、日頃のお礼を伝えられてはいかがでしょうか。

ご興味の方は氏神様を調べることもできます。
各地の神社庁へお気軽に問い合わせられるとよいでしょう。

○神社本庁ホームページ 神社庁一覧

土地的にも神社と距離が近い分、存在を信頼するというご贔屓も増して、更なるサポートがいただけますよ。


関連記事

  1. 願う時はゆるく軽やかに

  2. お礼参りをする

  3. ご贔屓がお好き?〜日本の神様と私たちの関係

  4. 日々、神様を 感じながら生きる。