日々、神様を 感じながら生きる。

願いが叶うお願いの仕方の心得として、日々の感謝をすると共に大切なこと。
それは、「日々、神様を感じながら生きる」ということです。

神様がいるのは神社だけ?
いえいえ、決してそうではありません。

あなたがこの間、参拝した神社の神様も実は、あなたがあの日に願ったことを叶える流れにお力添えするために、ずっとあなたを見ています。

そうです。神様はどこにでもいらっしゃるのですね。

その神様を感じて生きる。
日々日々神様を感じながら生きる。

しかしながら、私たちも毎日の生活の中、常に神様のことばかりを考えて生きていくわけにはいきませんよね?

ではどのようにすればよいのでしょう?

タイミングよく信号が青になった

いつも満車の駅前駐車場が空いていた

コンビニのスピードくじでコーラが当たった。

…‥…

などなど、普通に生きていたら
なんのことのない偶然ってありますよね?

そういった、小さなタイミングの良さや、プチHappyに対して
「神様、ありがとうございます!」
というような気持ちを持つ。

もし、あなたが神様の立場なら、そんな些細なことでも感謝の気持ちを傾けられたら、悪い気はしないのではないでしょうか?


そこで、日頃から神様の存在を認めた上で

「今日も災害なく、家族も誰もケガや病気をすることなく、普通に一日を過ごすことができました」
ということにすら、感謝されたら

その人間に対して、サポートをしたくなるのではないでしょうか?

特に日本の神様はスピリチュアル的にも「ご贔屓」がとても入りやすいといわれています。

古事記にも記しているとおり、とても人間味溢れるところがあり、考え方としては私たちに近いのかもしれません。

私たちに置き換えると、
自分の子どもにだって、やたら反抗されるとどのようにすればよいのか分からなくなってしまうことがありますが、
素直に「ありがとう」と言われれば、もっと何かしてあげたくなる…という感覚にも似ていますね。

神様の存在を感じながら感謝をして生きる。

それが、神様とつながって、よりサポートを受けやすくなるための近道。

この記事があなたのお役にたてれば幸いです。

関連記事

  1. ご贔屓がお好き?〜日本の神様と私たちの関係

  2. 遠くの神社よりも近くの神社

  3. お礼参りをする

  4. 願う時はゆるく軽やかに